これって実はウソ?国立病院ダイエットの謎

国立病院ダイエットというダイエット方法はご存知でしょうか?ゆで卵やグレープフルーツなど定められたメニューを2週間食べることで痩せるというものです。ですが、このダイエット方法にはいくつかの点でうそが隠されています。

まず、最大のうそは「国立病院」です。国立病院というとなんとなく権威がありそうですが、この国立病院ダイエットでいう国立病院は、デンマーク国立病院のことを表しているといわれています。ですが、実はデンマーク語で書かれたこのダイエットの方法などは存在していません。つまり、デンマーク国立病院が考えたダイエットということ自体が、真実ではない可能性が高いということになります。もちろん、日本の国立病院でもこのようなダイエットは考案されていません。

ダイエット方法自体も、実は大きなうそがあります。病院が考えたダイエットなら、健康に問題がなく安全性が高いと考えがちですが、メニューを見てみると非常に栄養バランスがわるく、偏った栄養素しかないメニューであることが分かります。2週間もこのようなメニューで食事をすれば、栄養バランスを崩し健康を損なってしまう危険性があります。

実は日本の国立病院機構では、このダイエットについては注意喚起をしています。それほど危険性が高いダイエットになっているんですね。騙されないようにしましょう。