わたしと軽音楽部

3年前、大学に進学したわたしは大学生になって軽音楽部に所属しました。今まではずっと吹奏楽部に所属していましたが、毎日の練習は本当に大変で、先輩と同期に板挟まれになったことも多く、楽しかったし、もちろん大変な分達成感もあったけれど、もう少し音を楽しむという意味の音楽はできるんじゃないかなと思っていました。

大学に進学して、サークルや部活選びをする中、吹奏楽部はありませんでしたが、管弦楽部はありました。最初の新入生オリエンテーションで演奏を聴く機会があったのですが、あまりピンとくる感じでもなく、正直いまいちでした。そんな中見学に行った軽音楽部は、とても楽しそうで、とても魅力的で、ここで3年間過ごしたらきっといい思い出になると思いました。こうして私は軽音楽部に入部を決めたのでした。しかし現実はもちろんそう甘いものではなく、練習は大変困難を極め、このギターをこのベランダの3階から投げ捨てることができれば…と思うこともありました。難しかった練習を抜け、ついに本番。緊張でガチガチでしたが、この感覚は今までの吹奏楽部では味わえなかったと今でも思います。1年生の頃は手探りなことも多く、2年生にあがるまで毎回の練習も一生懸命、必死についていくことで精一杯でした。2年生になって上手な先輩と組む機会が何度もあって、そのたびにもっと練習して弾けるようになったらどんなに楽しいのだろうと思いました。そして夏、気がつけば私は部長になっていました。いろいろな不祥事が重なり、私の不甲斐なさもどれだけ人に嫌な思いをさせて、退部へと追い込んでしまったかと思うと、何度も部活をやめたくなりました。一番信頼していた部員には冷たくされ、クラスでも話すこともなくなり、気づけば彼女は退部してしまいました。しかしいつまでも下を向いているわけには行きません。ついに3年生になり自分の学年になりました。こんなにたくさんの修羅場をくぐりぬけてきた私に怖いものはないと思っていましたが、とんでもありませんでした。行く先々には当然山が待っていたし、いろんなことで部員や後輩とぶつかることもおおくありました。そして先週私たちの引退前最後のライブである、文化祭でのライブ公演が終わりました。あと残すところは引退ライブです。今までどれだけ遠くに感じていたとしても、引退は目前です。最初に入部届けを書いた瞬間からここまで、私はどれだけ成長できたのでしょうか?きっとまだまだ未熟なところばかりではありますが、この3年間のことに後悔はありません。本当に軽音楽部に入って、やめなくてよかったと思います。最後の引退ライブを終えたとき、私は何を考えるのでしょうか。

子供の貧血の原因